海外FX|スイングトレードと言われるのは…。

海外FX口座開設比較ランキングをピックアップ

海外FXを行なう上で、外国の通貨を日本円でロングますと、それ相応のスワップポイントが与えられますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨をロングますと、裏腹にスワップポイントを支払わなければなりません。
「海外FX会社毎に準備しているサービスの中身を比較する時間を確保することができない」といった方も多くいらっしゃるでしょう。そうした方に活用していただくべく、それぞれのサービスの中身で海外FX会社を比較した一覧表を作成しました。
海外FXについては、「外貨を売る」ということから取引を開始することもあるわけですが、このように外貨を保有しないで「外貨をショートっ放しの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言います。
儲けを生み出す為には、為替レートが初めに注文した時のものよりも良くなるまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。
スプレッドと言いますのは外貨を売買する時の価格差のことで、FX会社のショート上げとなる売買手数料とも考えられるものですが、各海外FX会社で個別にスプレッド幅を設定しているのです。

スイングトレードと言われるのは、一日一日のトレンドに左右される短期売買と違って、「過去に相場がどんな動きを見せてきたか?」といった分析が結果を決定づけるトレード法だと言えます。
5000米ドルを購入して保持している状態のことを、「5000米ドルのロングポジションを持っている!」というふうに言います。無論ドル高に振れたら、直ぐに売って利益を手にします。
スイングトレードをやる場合の忠告として、売買画面を起動していない時などに、不意に大きな暴落などが起きた場合に対応できるように、先に何らかの策を講じておきませんと、大きな損害を被ります。
日本の銀行と比較して、海外の銀行の金利が高いという理由で、スワップ金利が与えられるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXを行なうことで貰うことができるスワップ金利なのです。
シストレにおきましては、自動売買プログラム(EA)の設定に従ってテクニカルポイントがやって来た時に、システムが必ず「ショートロング」をします。とは言いましても、自動売買プログラムに関しては投資する人自身が選択します。

海外FXで言われるポジションというのは、保証金とも言える証拠金を口座に入れて、シンガポール・ドル/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを指します。因みに、外貨預金には「ポジション」という考え方は見当たりません。
ポジションについては、「ロングポジション」と「ショートポジション」の2つがあるわけですが、このポジションというのは、「ショート」または「ロング」をした後、決済しないでその状態を保持し続けている注文のこと指しています。
デモトレードと言いますのは、専用の通貨(仮想通貨)でトレードの体験をすることを言います。150万円というような、ご自分で決めた仮想資金が入金されたデモ口座を開くことができますので、本当のトレードと同じ形でトレード練習ができるのです。
デイトレードと申しましても、「日々トレードし利益を生み出そう」等とは考えないでください。強引とも言える売買をして、挙句に資金を減少させてしまっては後悔してもし切れません。
「デモトレードを何回やっても、実際にお金がかかっていないので、心理的な経験を積むことが不可能である。」、「手元にあるお金を注ぎ込んでこそ、初めて経験が積めるのだ!」と言う方も稀ではないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする